あなたは97766人目の訪問者です。 文字サイズ:
イベント情報
高齢者
保健医療
2018年3月20日
食生活~長寿の鍵は摂食嚥下と栄養にあり~
第5回 川崎南部摂食嚥下・栄養研究会 市民公開講座
人生100年時代の生活
~長寿の鍵は摂食嚥下と栄養にあり~
 
平成30年
5月19日(土)
午後2時~4時
ラゾーナ川崎プラザソル
 
在宅医療の重要性が叫ばれている昨今ですが、
「最期まで自宅で過ごす」事、実は「言うは易く行うは難し」という現状です。最終的には食の問題、排泄の問題が重くのしかかてきます。
口から食べることは、サルコペニア(筋肉量の減少と、筋力もしくは身体機能が低下する事)、フレイル(全身が虚弱になる事)を予防し、認知症の発生をある程度予防できると考えられています。
地域の高齢者が自宅で誤嚥に注意しながら最後まで美味しく食べて頂くために、団体関係者が日々研修を重ねています。このような経口摂取支援には市民の皆様のご理解、ご協力が必要です。
よりよい地域社会を築くために、今回の市民公開講座を皆さんと一緒に考える機会に致しましょう。どうぞ宜しくお願い致します。
川崎市幸区在宅医療調整医師 中岡 康 先生
 

line_simple03_

日時: 平成30年5月19日(土)午後2時~4時
場所: ラゾーナ川崎プラザソル
(川崎市幸区堀川町72-1ラゾーナ川崎プラザ5階)
 
内容: 講演「誤嚥はこわい!を知ろう 」(午後2時10分~3時10分)
 川崎市医師会 理事/総合川崎臨港病院 院長 渡邊 嘉行
ディスカッション
「おじいちゃん、おばあちゃんとの楽しい食事を一緒に考えよう」
座長:川崎市医師会 理事/総合川崎臨港病院 院長 渡邊 嘉行
パネリスト:
 JAXA(宇宙航空研究開発機構)航空技術部門 飯島 朋子
 川崎市立川崎高等学校付属中学 校長 和泉田 政徳
 神奈川摂食嚥下リハビリテーション研究会 川崎地区代表/
 愛仁歯科医院 院長 鈴木 英哲
 川崎市介護支援専門員連絡会 副会長/ほがらか介護 管理者 出口 智子
 川崎幸病院 摂食・嚥下障害看護認定看護師 竹内 由紀
 総合川崎臨港病院 管理栄養士 水口 尚子
 
定員: (先着)150名 申込み不要・参加費無料
第5回川崎南部摂食嚥下・栄養研究会市民公開講座ご案内(PDF,575KB)
問合せ:
 川崎幸病院 地域医療連携室
 〒212-0014 神奈川県川崎市幸区大宮町31番地27
 (電話)044-544-4611 (FAX)044-549-4858