あなたは87772人目の訪問者です。 文字サイズ:
イベント情報
障害者
保健医療
2018年6月27日
医療・福祉関係職向け「自殺予防セミナー」
医療・福祉関係職向け
自殺予防セミナー 平成30年度第1回 
事例で学ぶ自殺予防 
 
川崎市における自殺予防のための取り組みの一環として、平成23年度より医療・福祉関係者向けにさまざまな領域・テーマの「自殺予防セミナー」を開催しております。
今回は「相談者の『死にたい気持ち』に気づいて向きあう」というテーマで企画しました。「一人一人がゲートキーパー。不調な人を見かけたら声をかける」ということを知ってはいても、実際にその方にどう向きあうか、希死・自殺念慮を打ち明けられたらどう対応すればよいのか、不安や迷いはないでしょうか。重要なポイントを押さえ、同時に支援者としての自身の気持ちも振り返りながら、できることを考えてみませんか。訪問場面や相談窓口場面の実演もご覧いただく予定です。
日頃の診療や相談支援の中で、ひとつの手掛かりになれば幸いです。
ご参加お待ちしております。
 
演題: 自殺予防ゲートキーパーという役割 
 ~相談者の『死にたい気持ち』に気づいて向きあう~
講師: 張 賢徳先生(帝京大学医学部附属溝口病院精神神経科科長・教授)
※訪問場面や相談窓口場面のロールプレイ実演をご覧いただけます  
 
日時: 平成30年7月13日(金) 午後7時~9時(開場|午後6時30分)  
場所: エポックなかはら(川崎市総合福祉センター)7階 大会議室
川崎市中原区上小田中6-22-5
JR南武線「武蔵中原駅」徒歩1分
(改札口を降り右手の連絡通路をご利用ください。)
対象: 川崎市内で医療・福祉に関係する職員のほか、関心をお持ちの職員の方など、
ご希望の職員の方にご参加いただけます。複数名の申込可能です。
定員: (先着)100名
※皆様の連携のために名刺交換の時間を設ける予定です。
費用: 参加費無料
 
申込: 下記ご案内裏面をご記入の上、FAXで申込みください。
川崎市精神保健福祉センター (FAX)044-200-3974
※参加のご希望にそえない場合のみご連絡いたします。
締切:平成30年7月5日(木)
usapi
平成30年度第1回事例で学ぶ自殺予防セミナーご案内(PDF,540KB)
 問合せ
 川崎市 健康福祉局 障害保健福祉部精神保健福祉センター
 (電話)044-200-3199 (FAX) 044-200-3974