あなたは338529人目の訪問者です。 文字サイズ:
保健医療
高齢者
保健医療
2019年10月7日
講演会「若年性アルツハイマーとともに~失敗したって笑顔で生きる~」
地域の関係づくりの大切さを考える講演会

若年性アルツハイマーとともに

~失敗したって笑顔で生きる~
 
認知症のわたしがみなさんにお伝えします
今年度は、「丹野智文 笑顔で生きる -認知症とともに-」の著者であり、39歳の時に若年性アルツハイマー型認知症と診断され、現在も自動車販売会社で勤務を続けながら講演活動などされており、認知症本人のための相談窓口「おれんじドア」の代表であります丹野智文氏をお招きし、これまでのご経験を交えたお話をいただきます。
皆様、ぜひご参加ください。
講師:丹野智文(おれんじドア代表)
5年前、39歳の時にアルツハイマー型認知症と診断された。
現在も仙台の自動車販売会社に在職しており、営業から事務職へ配置転換し働き続けながら講演活動をしている。
・日本 認知症本人ワーキング グループ設立
・「おれんじドア 」 開設 認知症当事者のための相談窓口
・認知症の人と家族の会 宮城 県支部「若年認知症のつどい『翼』」会員

日時: 令和元年10月21日(月曜日)  午後2時~4時(開場:午後1時30分)
場所: 麻生区役所4階 第1会議室(川崎市麻生区万福寺1-5-1)
小田急線新百合ヶ丘駅北口より徒歩2分
定員: 100名(先着順) 申込不要、参加費無料
space
詳細はこちら(麻生区社会福祉協議会公式サイト)
講演会「若年性アルツハイマーとともに」ご案内(PDF,431KB)
 space
 問合せ:
 川崎市 麻生区社会福祉協議会 在宅福祉サービス部会
 川崎市麻生区万福寺1-2-2新百合21ビル1階
 (電話)044-952-5500 (FAX)044-952-1424
 space
ページの先頭へ戻る