あなたは351985人目の訪問者です。 文字サイズ:
保健医療
障害者
保健医療
2019年10月17日
医療・福祉関係職向け「自殺予防セミナー」
医療・福祉関係職向け
自殺予防セミナー 令和元年度第2回
事例で学ぶ自殺予防
川崎市における自殺予防のための取り組みの一環として、医療・福祉関係者向けに平成23年度より「自殺予防セミナー」を開催しております。
今年度2回目となる今回は、「希死・自殺念慮の尋ね方」「自殺リスクの確認」をふまえ、いつどのタイミングで何を聴き、どのように医療機関につなげるのかについて事例検討を進めていきます。支援者自身の気持ちや不安もふまえ、知恵を出し合ってみませんか。様々な立場による気づきの違いを共有できればと思います。
 
演題:自殺予防ゲートキーパーという役割
  ~いつきく?何きく?どうつなぐ?~
事例検討:テーマ「発達障害
    グループにて事例検討を行います。
     ※グループワークの苦手な方でも気軽に御参加いただける内容になっています
講師:張 賢徳先生(帝京大学医学部附属溝口病院精神神経科科長 教授)
令和元年11月22日(金)
午後7時から9時
(午後6時30分開場)
エポックなかはら7階 大会議室
(川崎市総合福祉センター)
 
場所: エポックなかはら(川崎市総合福祉センター)7階 大会議室
川崎市中原区上小田中6-22-5
JR南武線「武蔵中原駅」徒歩1分
(改札口を降り右手の連絡通路をご利用ください。)
費用: 参加費無料
※皆様の連携のために名刺をお持ちの方はご持参ください。
 
申込: 下記ご案内裏面をご記入の上、FAXで申込みください。
川崎市精神保健福祉センター (FAX)044-200-3974
締切:令和元年11月18日(月曜日)
usapi
事例で学ぶ自殺予防セミナーご案内(PDF,134KB)
 問合せ
 川崎市 健康福祉局
 障害保健福祉部精神保健福祉センター
 (電話)044-200-3199 (FAX) 044-200-3974
ページの先頭へ戻る