あなたは327129人目の訪問者です。 文字サイズ:
防災防犯
高齢者
障害者
子ども
保健医療
防災防犯
その他
2019年10月23日
市民シンポジウム!川崎市地域包括ケアシステム

川崎市地域包括ケアシステム市民シンポジウム

地域で住み続けていくためにできること

 

本講演会では、震災復興に向けた地域包括ケアのコミュニティづくりについて、高橋昌克氏にお話しいただきます。第2部では医療をはじめとした専門分野で活躍されている方々によるパネルディスカッションも行います。詳細はこちら(川崎市公式サイト)

 

  • 日時・場所

令和元年11月22日(金曜日)

午後2時~4時15分

高津市民館(川崎市高津区溝口1-4-1 ノクティ2 11階)
JR武蔵溝ノ口駅北口または東急溝の口駅東口から徒歩2分
※駐車場の用意がありませんので、公共の交通機関を御利用ください。

 

  • 第1部:基調講演
復興に向けた地域包括ケアのコミュニティづくり
~釜石市の取組を通じて~
釜石市(岩手県)における震災復興に向けた地域包括ケアのコミュニティづくりの取組から、地域でどのような仕組みをつくり、支え合える地域づくりを行うか、一緒に考えましょう。
講師:高橋 昌克 氏
金沢医科大学呼吸器・地域医療学非常勤講師、釜石市まちづくりアドバイザー、釜石のぞみ病院医師

 

  • 第2部:パネルディスカッション
地域で住み続けていくためにできることを考える
コーディネーター:○谷本 有美子氏(神奈川県地方自治研究センター研究員)
パネリスト:
○北川 大 氏(とどろき地域包括支援センター)
「地域でのカフェの立ち上げを通じたコミュニティづくり」
○林田 菜緒美 氏(ナーシングホーム岡上・ゆらりん家)
「小さな多機能型事業所の取組」
○峯尾 照 氏(渡田地区民生委員児童委員協議会会長)
「子育て世代を暖かく見守る地域づくりの取組」
○鹿島 智 (川崎市健康福祉局地域包括ケア推進室担当課長)

川崎市地域包括ケアシステム講演会ご案内(PDF, 4MB)

 

  • 定員・費用・申込

(申込先着順)200名 費用無料

申込不要 当日会場にお越しください。

 

問合せ:
川崎市地域包括ケアシステム連絡協議会
川崎市 健康福祉局地域包括ケア推進室
(電話)044-200-0479 (FAX)044-200-3926
ページの先頭へ戻る