あなたは468501人目の訪問者です。 文字サイズ:
保健医療
高齢者
障害者
保健医療
2022年4月27日
補聴器とコミュニケーションの講座

難聴は放置してはならないのです。

聞こえないのはあなたひとりだけではありません。
聞こえづらい=難聴は放置しないで!

思い当たることはありませんか?
● 音は聞こえるが、言葉が聞き取れない
● 話の聞き返し・聞き違いが多くなった
● 大勢で話していると、何を話しているかわからない
● 玄関チャイム、電話、テレビの音量で不便を感じている

補聴器や聞こえの低下を補う方法について、
同じ聞こえに悩む仲間と一緒に学びましょう。

※感染症対策を行っての講座となります。ご協力をお願いします。

 

日時

令和4年6月3日・6月10日・6月17日・6月24日(金曜日)連続4回の講座です。
午後1時30分から3時30分

 

場所

宮前老人福祉センター4階ホール
川崎市宮前区宮崎2‐12-29
東急田園都市線「宮崎台」駅より徒歩1分
自家用車でのご来場はご遠慮ください。

 

内容

※販売等は一切ありません。

 講座 日付 内容/講師
補聴器 令和4年6月3日(金曜日)
令和4年6月10日(金曜日)
●補聴器の基本的な知識、機種、利点と欠点、利用目的に合った補聴器の選び方や上手な使い方などを学びます。
●補聴器についての質問を受け、疑問に答えます。
総合リハビリテーション推進センター南部地域支援室
言語聴覚士 真後 理英子 氏
コミュニケーション 令和4年6月17日(金曜日) ●聞こえない方の体験談を聞きます。
●読話(どくわ):話し手の口形を見るコツをつかみ、聞きもれを補う方法
●手話:簡単な手話を覚えることで聞き間違いを減らします
(特非)川崎市中途失聴・難聴者協会(読話・手話勉強会講師)
コミュニケーション 令和4年6月24日(金曜日) ●聞こえを助ける機器の案内(福祉用具)
●市内の難聴当事者団体
(特非)川崎市中途失聴・難聴者協会の紹介
●川崎市聴覚障害者情報文化センターの利用
(有)千里福祉情報センター
(特非)川崎市中途失聴・難聴者協会
川崎市聴覚障害者情報文化センター

 

 

講座では、話を文字で映し出す要約筆記がつきます。マイクの音を直接聞けるループ受信機も貸し出します。聞こえづらくても安心して参加できます。

 

対象

川崎市内在住の耳の聞こえにくい方やその家族、関係者
補聴器や身体障害者手帳がなくても参加できます。

 

定員

20名

 

費用

参加費無料

 

申込

電話、FAX、メール、はがきで申込ください。
申込に必要な事項は下記案内の「参加申し込み」を参照してください。
川崎市聴覚障害者情報文化センター
〒211‐0037川崎市中原区井田三舞町14‐16
(電話)044-798-8800(FAX)044‐798-8804
(メール)kawa-kikaku@kanagawa-wad.jp

 

締切

令和4年5月27日(金曜日)

 

案内

 

問合せ

川崎市聴覚障害者情報文化センター
〒211‐0037川崎市中原区井田三舞町14‐16
(電話)044-798-8800 (FAX)044‐798-8804

 

ページの先頭へ戻る