あなたは445210人目の訪問者です。 文字サイズ:
高齢者
高齢者
障害者
保健医療
2023年9月21日
認知症サポーター養成講座(文教堂 溝ノ口本店)

認知症サポーターになりませんか?

aichan_ninsapo_209x166
認知症サポーターとは、
認知症について正しく理解し、偏見をもたず認知症の人やその家族を温かい目で見守る 「応援者」です。

認知症サポーターとは認知症サポーターは何か特別なことをする人ではありません。認知症を正しく理解してもらい、認知症の人やその家族を温かく見守る応援者になってもらいます。
そのうえで自分のできる範囲で活動できればいいのです。
たとえば友人や家族にその知識を伝える、認知症になった人やその家族の気持ちを理解するよう努める、隣人あるいは商店・交通機関等、まちで働く人として、できる範囲で手助けをするなど、活動内容は人それぞれです。

認知症サポーターになるには「認知症サポーター養成講座」を受講するだけで、だれでも認知症サポーターになることができます。受講資格はなく特別なスキルも必要ありません。
認知症サポーター養成講座を受講した方には認知症サポーターの証として「認知症サポーターカード」をお渡ししています。

 

日時

令和5年10月23日(月曜日)
午前10時30分から午後0時

 

場所

文教堂 溝ノ口本店4階 教室スペース
(川崎市高津区久本3-1-28)
JR南武線「武蔵溝ノ口」駅より徒歩3分

 

講師

川崎市認知症キャラバン・メイト

 

内容

●認知症サポーターキャラバンとは
●認知症を理解する
●認知症サポーターができる事

 

対象

どなたでも受講いただけます。

 

定員

(先着)9名

 

費用

参加費無料

 

持物

筆記用具

 

申込

直接来所または電話にて申込ください。
文教堂 溝ノ口本店
直接来所 川崎市高津区久本3-1-28
文教堂 溝ノ口本店 1階レジ
電話 044-812-0063 (受付)午前10時から午後9時

 

 

問合せ

文教堂 溝ノ口本店
川崎市高津区久本3-1-28
(電話)044-812-0063
(受付)午前10時から午後9時

 

 

マンガで伝える地域包括ケア

マンガで伝える地域包括ケア全話はこちら
ページの先頭へ戻る