あなたは459010人目の訪問者です。 文字サイズ:
お知らせ
その他
2016年11月2日
番外編!編集者がやる!市民後見人養成研修
2016年10月1日
space

「地域包括ケアシステムについて」講義をする。

今回は番外編!編集者が講師を務めた市民後見人養成研修について御紹介します。
space


space
kouken02
space
市民後見人とは
成年後見人等として家庭裁判所から選任された一般市民のことであり、専門組織によるバックアップを受けながら、市民としての特性を活かした後見等の活動を地域において展開する権利擁護の担い手です。
space

space
講義では、少子高齢化が進む日本や川崎市の現状を踏まえ、地域包括ケアシステム構築の必要性やそれを実現するために必要な「自助・互助・共助・公助」の取組、川崎市の目指す全ての地域住民を対象にした地域包括ケアシステムの考え方などについてお話させていただきました。
space

space
参加された約20名の皆さんに、「地域包括ケアシステムのことを知っていますか」と聞いたところ、多くの方が首を横に振っていました。
私の予想に反して、地域包括ケアシステムを知らない方が多いことに、我々が目指す「市民の理解度向上」に向けた道のりは、まだまだ遠く険しいものであることを実感しました。
まだまだ努力が必要のようです。
space
参加した皆さんは最後まで真剣に話を聞いてくださり、質問コーナーでは、将来の課題に対する川崎市の危機意識について質問される方もいらっしゃいました。この研修をきっかけに、参加した皆さんが地域包括ケアシステムについて、興味を持っていただけたのではないかと思っています。
space
後見人としてだけでなく、市民一人ひとりの日々の活動が地域包括ケアシステムの構築に繋がっていきます。是非、皆さんと協力し合いながら、
地域包括ケアシステムの構築に取り組んでいきたいと思いました。(O)
space
space

space
【過去の編集者が行く!】
9.川崎市選手団の成績報告会/出発式
8.第6回 日本アンプティサッカー選手権大会2016
7.高津区敬老会の式典
6.平成28年度自殺予防週間街頭キャンペーン
5.編集者と長寿郎が行く!ご近所支え愛モデル事業講演会
4.平成28年度地域猫活動セミナー
3.編集者と長寿郎が行く!認知症キッズサポーター養成講座
2.熊本地震支援業務派遣報告会
1.かわさき健幸福寿プロジェクト★記念イベント
space
ページの先頭へ戻る