あなたは462485人目の訪問者です。 文字サイズ:
お知らせ
高齢者
子ども
2017年2月24日
第21弾!編集者が行く!認知症サポーター養成講座
2017年02月03日

認知症サポーター養成講座

~川崎区市民向け認知症サポーター養成講座~


認知症サポーターとは
認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けする「認知症サポーター」を全国で養成し、認知症高齢者等にやさしい地域づくりに取り組んでいます。
認知症サポーターに期待されること
 ① 認知症に対して正しく理解し、偏見をもたない。
 ② 認知症の人や家族に対して温かい目で見守る。
 ③ 近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。
 ④ 地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。
 ⑤ まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。

取材後記

川崎区で行われた認知症サポーター養成講座に参加してきました。
参加者は18歳の学生さんから80代の方までの50人弱、赤ちゃんを連れたお母さんも参加していて、会場全体がとても明るく和やかな感じでした。
講座では「認知症のこと」や「認知症の人と接するときの心構え」などを学びます。その後、認知症の人との接し方の寸劇を見て、接し方についてのワークショップを行います。寸劇はどこの家庭でも起きそうなことをテーマとし、区役所の方がかわいいお婆ちゃん、地域包括支援センターの方はちゃきちゃきのお母さんを演じ、とてもほのぼのとした寸劇でした。そして認知症の事で困った時、相談にのってくれる川崎区地域みまもり支援センター、地域包括支援センター、介護家族の方たちのお話を伺いました。
認知症は予備軍を含め4人に1人、誰にも起こりうる脳の病気です。私も家族、友人も認知症になるかもしれません。今までは、私自身が認知症になることはまったくイメージ出来ていませんでした。どちらかというと「認知症になった両親の介護をするかもしれない」ぐらいのどこか他人事でしたが、講座に参加し、「私が認知症になるかもしれない」と認識し、一段と認知症サポーターの必要性を強く感じました。
認知症サポーターは、川崎市で3万5千人、全国で849万7千人と言われています。
川崎市の人口約149万1千人。認知症サポーターの数はまだまだ少ないです。
各区役所では「出前!認知症サポーター養成講座」を行っています。町内会やお友達同士、5人以上の人が集まれば出向いて講座を開催します。少しでも気になる方はお近くの区役所に相談してください。
私もこれから地域で認知症サポーター養成講座を勧めたり、もし困っている様子の方を見つけたら「なにかお手伝いすることがありますか」と一声かけようと思います。
帰りのエレベーターで女性4人のグループと一緒になり、少しお話しさせてもらいました。皆さん、プライベートで講座を見つけ応募してこられたそうです。18歳の学生さんもいましたが、終わった後、とても充実した雰囲気があり、とてもキラキラ☆していました。次回の『認知症サポーターフォローアップ研修』でまたお会いしましょう!
『認知症サポーター養成講座』についてはこちら

【過去の編集者が行く!】
20.あなたのチカラを地域で活かそう
19.『介護・予防いきいき大作戦』啓発イベント
18.認知症フレンドリーなまちづくりを考えるワークショップの報告会
17.映画『ケアニン』特別試写会
16.ケアとソリューション フォーラム
15.パラムーブメントシンポジウム
14.ご近所支え愛モデル事業 第2回講演会
13.介護いきいきフェア
12.おやつカフェ in かわさき
11.ひつじカフェの食事会
10.第39回 かわさき市民祭り
番外編!編集者がやる!市民後見人養成研修
9.川崎市選手団の成績報告会/出発式
8.第6回 日本アンプティサッカー選手権大会2016
7.高津区敬老会の式典
6.平成28年度自殺予防週間街頭キャンペーン
5.編集者と長寿郎が行く!ご近所支え愛モデル事業講演会
4.平成28年度地域猫活動セミナー
3.編集者と長寿郎が行く!認知症キッズサポーター養成講座
2.熊本地震支援業務派遣報告会
1.かわさき健幸福寿プロジェクト★記念イベント
ページの先頭へ戻る